竹口洋平の雑記
日常のこと。ジャーナリング。そして何か思いついたことを書いていく。
Subscribe via RSS here

楽しさと切なさ

昨日の晩は今の職場で初めての懇親会だった。僕がここで働くようになって3年くらい経つけど、初めて素顔を見る同僚も何人かいた。もっと言うと、3年前とはメンバーの半数以上が入れ替わっている。業界の特徴として人の入れ替わりが早いのだ。久しぶりに楽しい時間だったけど。あと3年したら誰が残っているのだろうか、と考えると切ない気持ちも多少はある。

優しさとは

正直に言うと誰かに優しくするのが苦手だ。自分ではそうしたつもりでも、相手にとってどうやらそうではない場合が多いらしい。ある日ふと気づいたのは、自分ではこれが優しさだろうと考えたことが、実は独りよがりに過ぎないのかもしれないということだ。そこに他人を思いやる心があったなら、目の前の人に何をしてあげるべきかに思い至るのかもしれない。時に厳しい助言が巡り巡って良い結果を生むように。その場しのぎの優しい言葉は毒でしかない場合もある。

真夜中のドライブ

昨日の晩は仕事の後に隣の県まで行って用事を済ませて高速道路を使って帰宅した。途中から随分と眠たかったと記憶している。いま考えると恐ろしいことだ。途中で車を止めて休むということをしようとすら思いつかなかった。大学生の頃なら眠気を堪えて目的地まで走り続けることも出来ただろうけど、その頃から20年以上経った今の自分に同じことができるとは考えない方が良いだろう。 量と脂肪分の多い夕食を摂り、しばらくやめていたお酒を飲んで、気づいたら朝になっていた。自暴自棄になったわけではなくて。減量のために禁欲的な食生活を送っているから、たまに反動でこうなる。 そして今は、目が覚めて今日から3日間の休みの予定がなにもないことに気づいて戸惑っているところだ。小さな旅行でもすればいいのかもしれないけど。昨日済ませてしまったから…。 家に戻らずホテルにでも泊まって、いつもの本屋で本を買って帰ってきたら良かったかも知れない。考えても仕方ないか…。 いまから外出して用事を済ませるついでに映画館にでも行ってこようかな。

鼓動の高鳴り

ロアルド・ダールの『魔女がいっぱい』についてのツイートを読んだ。 https://x.com/korimakorima/status/1797126896750354892 私は毎日、これからどうやって生きていこうかと考えていました。 理由は、自分の仕事が単調で退屈だと感じ始めたからです。 ビジネスパーソンとして成長すれば、今よりもっと良い仕事ができるようになるのかもしれない。 それって一体何のためにやっているんだろう? 「長短ではなく、自分の心の鼓動」と「30代でこれから何をするのか」 この2つの言葉が私に勇気を与えてくれました。 今なら、なりたい自分になれるかもしれない。 今の仕事を辞めることもできるし、別の仕事をすることもできる。 仕事で退屈な思いをするかもしれないけれど、プライベートで楽しみを見つけることはできる。 大切なのは、この鼓動だけ!

This throbbing of the heartbeat

I read a Tweet about Roald Dahl's “Full of Witches”. https://x.com/korimakorima/status/1797126896750354892 I was spending my days wondering how I was going to live my life. The reason is that I started to feel that my job is monotonous and boring. Maybe if I grow as a business person, I will be able to do a better job than I am doing now. What's the point of it all, I asked myself. “Not the long and short of it, but the beating of my heart” and “I'm in my thirties and I'm trying to figure out what I'm going to be.”...

近況報告

5月に入って仕事が暇になり、営業職の私は成績が芳しくなくなって苦労した。 職場で他にもストレスを感じることがあり帯状疱疹を発症してしまった。 腹痛だと思って内科の病院に行って消化器系の薬を貰って帰ってきたが、後日発疹を見つけて慌てて皮膚科で診察を受け直した。適切な薬を貰って今はほとんど治っている。 間違えて受診した内科の病院でエコー検査を受けたら、肝臓が脂肪肝になっていると言われてから、お酒を飲むのをやめて食事の内容も見直しをすることになった。 病気と縁のない人生を送ってきたのだが、年齢的にこれからはそうはいかないのだと人生を考える切っ掛けになった。 仕事もステップアップしたいと考えるようになった。他に向いている仕事があると思っているわけではないけど。今のままではいけないようにも思い始めている。

お客さんに声をかけられて、接客しようとしたら相手が無言で指差しするだけなので気になったがそのまま話し続けた。この人は耳が聴こえない人だった。すぐに察して筆談すれば良かったんだけど、しばらく気づかずに話し続けてしまった。しかも自分では案内できない内容だったので、別の人に接客を代わって貰ったんだがこれも相手にどう伝わったのか。 若い頃だったら、もっと丁寧に対応したと思う。いまはどうしてそうできなくなったんだろう? しかもこの人は結局何も買わずに帰ったそうだ。1人では何もできないと思わせてしまったのかもしれない。とても恥ずかしい。

帯状疱疹になってしまった。ストレスと過労が原因だそうだ。最近仕事は暇なので、ストレスに寄るものだろう。ストレスの原因はわかっていて、職場内のトラブルが原因なのだが。皮肉なことに病院に行ってから出勤して来たら、トラブルが解決してしまっていた。いや、それ自体は悪くないんだけど。もうちょっと早く片付いてくれていたら良かったのに。

年上の人が年下の人に教えることをやめたら長年かけて紡いできた物が途切れる。組織として歪んでしまう。と若い人に言われた。この若い人はずいぶん勉強しているらしく、説得力もあるし正論だと思った。でも、世の中には個別の事情があって正論通りにはいかないこともある。そう言いたかったけど。今の自分にはそこまで言い切ることはできないと思ったからやめた。

職場のチーム内に成績の悪い人がいる。年間通して見ると他の人よりも一段低いのがわかる。チームとしてはこの人をどうするかが目下の課題だったりする。パートナー企業からもこの人を担当から外したらどうかと言われている。昨今の状況からチーム全体の成績が落ちている中で、この人に焦点が当たってしまいがちなだけではあるが。後から入ったスタッフにこの半年で軒並み追い抜かれてしまったのもまずかった。 簡単に別の人と変えてしまったら良いとは言えない。変えたところでたいして変わらない可能性が高いからだ。場合によっては新しい人を教育するコストがかかってくる。 人を入れ替えると状況が好転するというのは、勝手な期待でしかないと何かで読んだことがある。人を入れ替えるだけというのは、他に手がない時にとる安易な方法だということだ。

4月から新しい人生を歩み出したはずの若い知人が、どういう理由かは知らないけど元いた職場に戻ってきているらしい。金銭的に色々苦労していたのは知っているから、その辺りが理由かもしれない。若い人が最初に貰える賃金というのは本当に少ないから。何ヶ月前かに本人と話した時には自分の給与額を知らないようだった。それでもこの人なら何とかなるだろうと思ったので余計なことは言わないようにしていたんだけど。いま思えば、雇用条件くらいは確認しておいた方がいいよと伝えるべきだったかもしれない。 近いうちに会いに行って元気かどうか確認してみよう。

5月になった。スクリブル(ここのこと)を始めて1ヶ月が経ったということでもある。4月は数回しか投稿しなかった。正直に書くと何を書けばいいのかと少し悩んでいた。 僕はプライベートでは話題にするようなことが少ないし。映画やテレビドラマはMicro.Blogに書いている。その時の気分はXに書く。 仕事について書きたい気持ちがあるんだけど。人に読まれたくない気持ちの方が強い。職務内容や待遇について話してはいけないという契約もしている。 だから話せる範囲は狭いけど。ここでは少しだけ仕事の話もしていこうかなと考え始めている。 あとは自分のことをもう少しだけ書こうか。

会社の若い同僚が残業しているのをみると可哀想だなと思ってしまう。 この人が20代前半から知っているので、未熟だった時の姿と重ねて見てしまったのかもしれない。 今はもう20代後半になっているし、仕事も人よりできるくらいだけど。 最初に抱いた印象はあまり変わらないようだ。 自分も20代の頃に親から遅い時間まで働いているのは可哀想だと言われて、全く意味がわからなかった。自分が歳を取るとこうなるんだなとわかってきた。 昔は自分だって23時くらいに家に戻るのが普通だったのにね。